Wednesday, 12 July 2017

カリグラフィーを書いてたら、ウチの子がやってきて言った言葉に驚嘆したおはなし


先週の土曜日、半年ぶりにカリグラフィーのレッスンに行き、原点回帰してローマンキャピタルの練習をした。最初は鉛筆で、次にペンで。
よく考えたら9年ぶり!だったので、各文字の幅などかなり怪しかったが、手は覚えていたようで、これも練習のタマモノ(9年前のオレ、よう練習していてくれたことよ)。
と云っても、結構書き辛かったりした…。

ところで、ワタクシが書いた文字の右下辺りに、筆蹟が違う文字がツラツラと羅列しているのがおわかりだろうか(下が拡大したもの)。


それはまさしく突然の出来事だった。

ウチの子が「書いてみたい!」と曰わったのである。

かなりビックリ。
今まで見向きもしなかったのに。
字を書くのに興味が無かったのに、である。

元来、何か作るのが好きな質ではある。
最近は手芸方面にも興味を覚えたらしく、雑貨店に連れてけとウルサイ今日このごろ。

まあ、どういう心境の変化か知る由もないが、コレを機に、

文字っ子の道へ引きずり込もう

と画策する悪い父であった。

そして気づいたら、2、3時間ひたすら字を書いていた
興味のあるモノには途轍もない集中力を発揮するその性分、うん、似てるよなぁ。。。

以下、オススメのカリグラフィーの教本たち。









No comments:

Post a Comment